おばら消化器肛門クリニック

肛門科、痔のことなら東京都大田区のおばら消化器肛門クリニックへ(小原医院)。専門医が痔の日帰り手術、大腸内視鏡も行います

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気
 オンライン診療
 初診診察の流れ
 費用について

 よくあるご質問
 痔の便利情報

自動予約
受診ご希望日当日の朝7時から診察予約(順番制)をとることが出来ます。
新型コロナ感染予防の観点から待合室での皆様の待ち時間を少しでも短縮するために必ず事前にWEB自動受付をご利用いただき、診察の進捗状況をご確認の上ご来院ください。
なお予約完了後に引き続きweb問診をご用意しております。是非ご利用下さい。
大まかな来院時間の目安としては
受付順番  1〜10番:  9時〜10時
受付順番11〜20番:10時〜11時
受付順番21〜30番:11時〜12時
受付順番31〜40番:12時以降となります
これはあくまで目安ですので詳細は自動受付画面の診察終了の進捗状況をご確認ください。メールアドレスを登録することでご自分の順番の5番前になった時点で自動メールでお知らせする機能もございます。
内装1
―医療関係者の方々へ―
御紹介やご相談等ございましたら
以下のメールをご利用下さい。
(送信時に*を@に要変更)
obara_clin*yahoo.co.jp
小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3

外来予定表・診療時間

■診療受付時間   休診日:水曜、土曜の午後、日曜、祝日  電話03-3750-8218
時間/曜日
09:00-12:30 × ×
16:30-18:00 × × ×

おばら消化器肛門クリニック(肛門科)からのお知らせ


2022/09/20 インフルエンザ・及び新型コロナワクチンについて
・現在の新型コロナワクチン接種は9月末をもって一旦終了とさせていただきます。
なおオミクロン対応2価の新型コロナワクチンの接種開始は11月5日(土)より毎週土曜日を
予定しております。予約再開は10月17日(月)を予定しておりますが当面はご来院の上で窓口
にて直接受付のみ行う予定です。
・10月3日(月)からインフルエンザワクチン接種開始を予定しています。同日以降接種ご希望当日に
<WEB自動受付>からご予約をお済ませの上ご来院ください。
2022/07/29 夏期休診日のお知らせ
7月31日(日)から8月7日(日)は、休診となります。
お薬の残量などご確認ください。
2022/06/30 50歳以上の大田区在住の方向け。
大田区内視鏡胃がん検診の受付を開始しました。詳細は大田区からのがん検診のお知らせをご参照下さい。ご希望の方は以下ご持参して来院の上お申し込み下さい。(電話での予約受付は行なっておりません)
・大田区からの郵送物(がん検診のお知らせ)
・お薬手帳(お持ちの方)
2022/06/06 7月よりファイザー社製新型コロナワクチン4回目接種を開始いたします。6月9日から予約受付開始します。予約方法はWEB予約のみ
 で行います。空き状況の確認、予約の仕方についてはこちらをご参照ください。
 対象者は3回目接種から5ヶ月経過した以下の方です。
 (1)60歳以上の方(申請不要) 
 (2)18〜59歳で基礎疾患を有する方もしくは新型コロナに罹患した場合重症化リスクが高いと医師が認める方(申請必要)
 申請などについてご不明の方はコールセンターでお問い合わせください
(03-6629-6342)

医療情報・システム基盤整備体制充実加算について

当院では
●オンライン資格確認を行う体制を有しています。
●受診患者に対し、受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行うことを目指しています。

ドクターズ・ファイルの取材を受けました。院長インタビュー記事。
  http://doctorsfile.jp/ohtaku/16220/df/

オンライン診療開始についてのお問い合わせは
obara_clin@yahoo.co.jpまで

クリニクスのダウンロードはスマホ、iphoneからご利用ください。
【iphoneご利用のかた】
【Androidスマホご利用の方】



増加する大腸の病気(肛門科:消化器)

 大腸がん 健康診断の便潜血検査では見つかりにくいがんが増加しています
 大腸ポリープ 良性のポリープでも放置するとがん化する危険性が高くなります
 炎症性腸疾患 原因不明で長期間の下痢が続き、誤診されやすい病気です
 機能性腸疾患 長引く下痢や便秘、その原因は?
 

肛門科専門の小原院長ひとことコラム

ブログに移行いたしました

2013/12/08
現在日本人での科学的エビデンス確立する目的で、大腸内視鏡検査の受診および小さなポリープを切除することにより、どの程度大腸癌による死亡を減らすことができるかを評価する臨床試験が国立がんセンターを中心に国内の多施設で行われており、数年後には結論が出ます。それに先立ち米国からは様々なエビデンスが報告されています。従来の便潜血検査法に変わってすべての方に大腸内視鏡検査を行うことは、非現実的ですが、便潜血検査で陽性反応が出た方においては内視鏡検査を受けべきと考えます。現在便潜血検査で陽性反応がでた方の内視鏡検査受診率は約5~6割程度と言われています。この数字が少しでも上がるよう微力ながら貢献できるように努力したいと思います。
参考ニュース:「大腸の内視鏡検診、受診者のがん死亡率 大幅減」
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89225
院名 おばら消化器肛門クリニック 院長写真
診療科目 肛門科(外科)・内科・小児科
院長名 小原邦彦(医学博士)
専門 日本外科学会認定専門医
日本消化器外科学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病指導医
日本臨床肛門病学会認定技能指導医
日本東洋医学会認定漢方専門医
住所・電話 東京都大田区矢口2-11-23   03-3750-8218






(画像クリック拡大)
平成23年6月12日放送
第257回「カラダのキモチ」より
放送内容まとめ(アーカイブ)はこちら


ジオン注
 
大腸内視鏡
 
経鼻内視鏡
 
日帰り手術
 





トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO