おばら消化器肛門クリニック

肛門科、痔のことなら東京都大田区のおばら消化器肛門クリニックへ(小原医院)。専門医が痔の日帰り手術、大腸内視鏡も行います

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気
 オンライン診療
 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

自動予約
新型コロナ感染予防の観点から待合室での皆様の待ち時間を少しでも短縮するために必ず事前にWEB自動受付をご利用いただき、
診察の進捗状況をご確認の上ご来院ください。
大まかな来院時間の目安としては
受付順番  1〜10番:  9時〜10時
受付順番11〜20番:10時〜11時
受付順番21〜30番:11時〜12時
受付順番31〜40番:12時以降となります
これはあくまで目安ですので詳細は自動受付画面の診察終了の進捗状況をご確認ください。メールアドレスを登録することでご自分の順番の5番前になった時点で自動メールでお知らせする機能もございます。
内装1
―医療関係者の方々へ―
御紹介やご相談等ございましたら
以下のメールをご利用下さい。
(送信時に*を@に要変更)
obara_clin*yahoo.co.jp
小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3
【令和3年看護師・准看護師募集】
即勤務可です。常勤、パートなど勤務形態についてはご相談ください。
専門性の高い外来診療(肛門科、漢方診療)を中心に一般内科、内視鏡検査、日帰り手術、健診を主に行っている無床クリニックです。
換気・消毒の徹底、外来の密を避けるため予約制やオンライン診療導入など感染対策もしっかり行っています。ブランクのある方、実務経験のない方でも大丈夫。
ご質問あればメール等でご連絡頂ければお答え致します。キャリアチェンジ、スキルアップをお考えの方ご連絡をお待ちしています。
勤務条件についてはこちらをご参照ください
詳細についてご質問あるかたは obara_clin@yahoo.co.jp までお問い合わせください。

おばら消化器肛門クリニック(肛門科)からのお知らせ


2020/12/14 12月26日(土)から1月3日(日)まで休診とさせていただきます。
残薬数のご確認よろしくお願いいたします。
2020/11/20 現在インフルエンザワクチンは在庫切れです。
今後の入荷は未定です。
2020/11/12 インルエンザワクチン接種再開しました。
自動受付システムから診察予約をお取りになる際にインフルエンザワクチン接種希望をお選びいただきご来院ください。
2020/11/10 インフルエンザワクチンは現在在庫がありません。
2020/11/04 11月に入りました。65歳未満の方々へのインフルエンザワクチン接種も行って参ります。今年はワクチンに限りがありますので、ご希望の方は早めにおいで下さい。
その際必ず事前にスマートフォンもしくは予約専用電話を通じて自動受付システムをご利用下さい(詳しくは当院HP)。
ワクチンご希望の方はお申し込み時に「インフルエンザワクチン希望もしくは診察とインフルエンザワクチンの両方を希望」のいずれかを選択して下さい。自動受付システムをご利用されない方のワクチン接種は原則受け付けておりません。
よろしくお願い申し上げます。

ドクターズ・ファイルの取材を受けました。院長インタビュー記事。
  http://doctorsfile.jp/ohtaku/16220/df/

オンライン診療開始についてのお問い合わせは
obara_clin@yahoo.co.jpまで



外来予定表・診療時間

■診療受付時間   休診日:水曜、土曜の午後、日曜、祝日  電話03-3750-8218
時間/曜日
09:00-12:30 × ×
16:30-18:00 × × ×

増加する大腸の病気(肛門科:消化器)

 大腸がん 健康診断の便潜血検査では見つかりにくいがんが増加しています
 大腸ポリープ 良性のポリープでも放置するとがん化する危険性が高くなります
 炎症性腸疾患 原因不明で長期間の下痢が続き、誤診されやすい病気です
 機能性腸疾患 長引く下痢や便秘、その原因は?
 

肛門科専門の小原院長ひとことコラム

ブログに移行いたしました

2013/12/08
現在日本人での科学的エビデンス確立する目的で、大腸内視鏡検査の受診および小さなポリープを切除することにより、どの程度大腸癌による死亡を減らすことができるかを評価する臨床試験が国立がんセンターを中心に国内の多施設で行われており、数年後には結論が出ます。それに先立ち米国からは様々なエビデンスが報告されています。従来の便潜血検査法に変わってすべての方に大腸内視鏡検査を行うことは、非現実的ですが、便潜血検査で陽性反応が出た方においては内視鏡検査を受けべきと考えます。現在便潜血検査で陽性反応がでた方の内視鏡検査受診率は約5~6割程度と言われています。この数字が少しでも上がるよう微力ながら貢献できるように努力したいと思います。
参考ニュース:「大腸の内視鏡検診、受診者のがん死亡率 大幅減」
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89225
院名 おばら消化器肛門クリニック 院長写真
診療科目 肛門科(外科)・内科・小児科
院長名 小原邦彦(医学博士)
専門 日本外科学会認定専門医
日本消化器外科学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病指導医
日本臨床肛門病学会認定技能指導医
日本東洋医学会認定漢方専門医
住所・電話 東京都大田区矢口2-11-23   03-3750-8218






(画像クリック拡大)
平成23年6月12日放送
第257回「カラダのキモチ」より
放送内容まとめ(アーカイブ)はこちら


ジオン注
 
大腸内視鏡
 
経鼻内視鏡
 
日帰り手術
 
初診問診表





トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO